読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日も明日もケ・セラ・セラの気持ちで 

基本毎日更新。気まぐれで気分が良い時は1日に2.3記上げます。ジャンルも気まぐれで書きまくります。

私がリサーチしたもやしの効果③ 

「老化防止」

大豆たんぱく質には、酵素ホルモンを生み出す能力を高め、内臓の働きを活発にしてくれます。

→内臓と老化は体全体の老化とイコールの関係になっています。つまりは若い時から内臓は関係しています。

 

 

「ボケ防止」

大豆にはに人間の細胞膜を構成する「レシチン」という成分を豊富に含んでいます。脳の細胞を活性化させ、脳の老化を防ぐ働きもあります。

→ボケ防止には頭の体操をするといいと良く耳にしますが、頭の運動だけでなく、脳を活性化させる食べ物を食べるのも必要です。

 

骨粗しょう症の予防」

大豆イソフボンは閉経後のカルシウムの過剰な流出を抑え、骨粗しょう症の予防に役立ちます。

→ここでは主に女性の体についてのことを言っていますね。

 

「成長に必要な栄養素」

子供に必要な栄養素をバランス良く取りながら肥満を抑えながら健康的に発育を促します。

→近代人のライフスタイルである遅寝遅起きになったため朝食は抜き、あるいは少量しか食べないの代わりに夜食を食べることが増えてきていることや母親が外で働くようになって料理の手を抜いていいると言うのも聞きます。子供の生活習慣はその後の一生に関わると言ってもいいでしょう。

 

今回は大人子供に関係なくすべての人に関わることを書きました。

もやしって栄養価の高い本当にすぐれた食べもなんですね。