今日も明日もケ・セラ・セラの気持ちで 

基本毎日更新。気まぐれで気分が良い時は1日に2.3記上げます。ジャンルも気まぐれで書きまくります。

業界トップシェアの生産量をほこる「成田もやし」のもやし紹介

こんばんは。

 

前回も成田もやしについて書いたと思いますが、

業界トップの「成田もやし」がどういったもやしを提供しているのかご紹介したいと思います。それから→は私の所感です。

 

ちななみに下記サイトが公式サイトです。

 

緑豆もやし|もやし・カット野菜の成田食品

 

 

①緑豆もやし

吟味された緑豆を原料とし、厳重な衛生管理のもと、コンピューターのきめ細かな管理によって生まれる「成田もやし」は、良質な天然水によって、ていねいに育てられます。

→コンピューター管理という表現がびっくりな部分もありますが、もやしは基本工場で栽培しているので、温度だったり、水の入れ替えタイミングなどがコンピュータで管理されているということだと思います。

 

②ベストモヤシ

日持ちがしない、ヒゲ根をとるのが面倒など、従来のもやしに対する不満の声をいち早く捉え、研究開発に取り組んだのです。 まず原料は、発芽率・耐性など多くの試験の末、中国のある一部地域だけで生産される緑豆から吟味。2年間の試験栽培と膨大なデータの収集・分析によって、昭和63年2月、最初の「ベストモヤシ」が誕生したのです。その後、改良を重ねて根取り率90%以上を実現すること

→もやしのヒゲ根については顧客から約30年前から不満の声があったのはびっくり、今でもひげ根を取る取らないの話などあると思いますが、昔から取ることに対して不満はあったんですね。

 

③業務もやし

「BEST4・BEST1kg」

「ベストモヤシ」を業務用パッケージにしたもの。日持ちが良く、シャキシャキとした食感、炒めてもしおれないので、ボリューム感のある料理に仕上げてくれます。

新鮮さや安心感、栄養面で(社)全国学校栄養士協議会の推薦を受けています。

→学校給食でお世話になっていたかもしれませんね。またはお、お店で食べているもやしはそうかもしれませんね。普通のスーパーのもやしが1袋200グラムとすると1kgが5袋、4kgが20袋分になります。

 

⑤小大豆もやし

炒め物、和え物にピッタリ、ヘルシーな小大豆もやし「まめどん」

ひげ根が少なく、炒めてもしおれずシャキシャキした食感と料理の仕上がりが美しいのが特長です。

従来のまめもやしの青くささを取り除き、独自の技術と パッケージ方法により、折れ、キズが少なく日持ちするよう工夫されています。

→もやしの製品中身の工夫だけではなく、パッケージなども工夫をして付加価値をつけています。

 

⑥黒豆もやし

くろっぺ(黒豆もやし)は、インドで古来より作られていた豆です。その名の通り、黒い種皮をかぶっています。細くて歯ごたえがあり、味にコクがあるのが特徴。ビタミンB群が多く、疲労回復や風邪の予防に効果的です。ラーメンや鉄板焼に欠かせないというファンも多いもやしです。

→確かにラーメンなんかには細い少し豆が目立つもやしが使われているのを良く見ます。あれは黒豆もやしなのか。

 

 

まとめ

業界トップシェアの「成田もやし」が出しているもやしの商品紹介と私の所感を述べました。緑豆もやしの業務版が栄養面で国学校栄養士協議会の推薦を受けているのはさすがだなっと感じました。

 

成田もやしを使っている学校の割合なんかのデータがあったら面白いかもしれませんね。おそらく学校は関東がほとんだと思います。他の地域では地場の工場が強い気が。なぜならもやしは賞味期限が短い&輸送する際にチルドが必須など。原価の安いもやしに高い輸送量をかけて運ぶかは疑問だからです。