今日も明日もケ・セラ・セラの気持ちで 

基本毎日更新。気まぐれで気分が良い時は1日に2.3記上げます。ジャンルも気まぐれで書きまくります。

9月15日 郵便局でほっこり!? 係員・・そこ聞いちゃうの!?

こんばんは。グッチーです。

今日は少しほっこりすることが

お昼休みにありました!!

 

私はお昼休み本を友人に配送するために

郵便局にいきました。

封筒に適当に包んで宛名を書いて、これお願いします!!って感じで

窓口でお願いすると・・・

窓口の係りの女性が

その封筒の重さを測って料金を提示してくれました。

「300円になりますね」

私は心の中で「高!?」と思ってしまいました。

そしたらその担当の女性が、

「これ中身は本ですか!?」

私「はい。本です。」

女性「これは厚さは2cm未満ですか!?2㎝未満だとスマートレターってのを使うと180円で済みますよ。ちょっと中身見てといいですか?」

私「はい。どうぞ。  

もしかしたら2㎝超えるかもしれません・・」

そして女性は本を取り出し、

スマートレターに入れて、

専用の定規みたい

なのでサイズを測ってくれました。

女性「ギリギリ大丈夫ですね笑」

私「あ、良かったです。ではそれでお願いします。」

そしてそのスマートレターのお会計をしながら、

次の女性の言葉に私は驚かされました。

 

 

それは・・・

 

 

女性「この本面白いですか?!」

 

 

私の心の中「え!?そこ聞くの!?本の中身?郵便局の職員ってこんなにフレンドリーだったけ⁉︎ この女性大丈夫⁉︎」と思いながらも。

「まぁ急いでもないしちょっとおしゃべりすかな。」って気持ちで次のように回答しました。

私「はい、面白いですよ。この作家さんの本なんで笑 知ってますか?」

女性「いいえ知りません。私は本を読めないので・・・」

(なんでも、この女性は文字を読んで想像すると頭を使って疲れるらしいです。

特にこの作家のようにサスペンス系は特にだめらしいです。)

私「そうなんですね・・・」

私の心「え、何で本読めないのに聞いたの⁉︎」

それから女性の一言

女性「で、この本はどんな話ですか?殺人とか出てくるんですよね?殺人のきっかけは?」

私「まぁちょっとした出来心で殺してしまうというか・・・説明するの難しいですね笑 でも、読んで本当に楽しいです。」

女性「そうなの!?じゃあ早く映画化して欲しいなー」

私「そうですね・・・」

女性「じゃあ表に住所書いてまた持ってきてください・・」

私「分かりました」

まぁこれ以外にもスマートレターのことちょっと話したかな。

単なるお話し好きの女性だったのかもしれない。こう言った接客がウザいと思う人もいるかもしれませんが、私はこうやって話しかけてくれる人好きですね。

なんか、アメリカ映画なんかでありそうなフレンドリーな店員が客に話しかけるみたいなノリかなって感じました。

 

とまぁ、今日の私のほっこりエピソードでした。

ちなみスマートレターはこんなのです。↓

f:id:stgctmhr:20160915214722g:plain

 

単行本1冊ならこれで送りましょう!!

 

そして私が面白いと絶賛した本はこれ↓

 f:id:stgctmhr:20160915221201p:image

東野圭吾作 「夢幻花」

 

話のストーリーは読んでみてください。

 

では、今日はこのへんで。

本日もお読み頂きありがとうございました。
世の中なにがあってもケセラセラ